東北本線の黒磯〜新白河の国境(くにざかい)な雰囲気とJR東日本のオールラウンダーであるE531系(3000番台)が好きで、一度乗ってみたかったのだけど、ついに達成した。

Follow

なお往路はキハ110系100番台。プラグドアのこいつは実は初めて。八高線の200番台は何度か乗っているのだけどどうも関東感があって、100番台は東北感がある。

車窓の景色はというと…往路は18きっぱーが多くて写真どころではなく、復路は日が暮れていていい感じにならなかったので撮らず。

Show thread

黒磯〜新白河はその昔、上り「北斗星」が朝通っていた場所。そして名撮影地黒川橋梁があって、東北本線ファンなら模型で再現したくなる場所。

もっとも正確には半分栃木県なので、東北と呼べるか関東と呼ぶべきかは微妙。

Show thread

今回は結局新白河で折り返さずに郡山まで足を伸ばした。701系も好きな電車なうえ、この前KATOで模型がリリースされたし。

Show thread

郡山は東京から226.7kmあり、普通列車で行くと、待ち時間も含まれるけど、5時間かかる。新幹線の偉大さがよく分かる。

意外だったのは宇都宮(109.5km)から黒磯(東京から163.3km)まで53.8kmもあることで、栃木県の広さを実感した。

Show thread

黒磯と新白河(東京から185.4km)の間は20.1km。意外と短い。

Show thread

黒磯といえば昔は交直流の地上切り替え設備があったが、2008年に感電死亡事故があったらしく、10年かけて車上切り替えに移行した結果、大掛かりな切り替え設備は骨組みだけになっていた。

Show thread
Sign in to participate in the conversation
BlessedGeeks.Social

@h12oのおひとりさまMastodon、Google Cloud PlatformとRedis Enterpriseで運用