Follow

昨日気づいたのだけど、私物 2019、Top Case with Batteryの右側のスピーカーみたいな場所の孔のうちひとつ、何か銀色のモノが詰まっている。
引っ張って取り出すことはできないし、押し込んで中に入れて取り出すというわけにもいかない。
銀色の感じからするとMacBookの中身なんじゃないかというふうにも思えるがわからない。

修理から戻ってきてからは落としたりしていない。
なので、やっぱり気になってしまうBottom Caseの段差と合わせて、再修理扱いでお願いしたくGenius Barを予約した。

2日で戻ってきた。今回は念入りに、もとの箇所をチェックしてから受け取る。トップが再度交換となったようで、通常なら5万円以上が吹っ飛ぶ内容だったが、もちろん(?)再修理期間内なので無償修理。

しかしながらApple Storeの店員は嫌な顔をまったく見せず。Appleの正規ルートに乗っかると、修理のユーザエクスペリエンスが優れているとは思う。

Show thread
Sign in to participate in the conversation
BlessedGeeks.Social

@h12oのおひとりさまMastodon、Google Cloud PlatformとRedis Enterpriseで運用