GCE VMインスタンスが

> [ 492.126825] INFO: task systemd:1 blocked for more than 120 seconds.
> [ 492.133378] Not tainted 4.18.0-259.el8.x86_64 #1

で何度もハングアップしてしまう。

動かないくせに計算機資源だけは延々と喰う…

うーん。メモリ増やしてもCPUをよくしてもすぐ死ぬということは、ディスクイメージが完全にダメになっていると思った方がいいなこれ。

というわけで、/で`sudo tar --selinux -jcvf /var/tmp/$(hostname -s)-20210105-emergencybackup.tar.bz2 etc home srv usr/local var`とかやってる。

Follow

「メモリ増やしてもCPUをよくしてもすぐ死ぬということは、ディスクイメージが完全にダメになっている」と判断した根拠はいちおうあって、このサーバもGCE・CentOS 8 Streamで、メモリの量以外は違いがない。

ディスクイメージがダメになっていたらtarアーカイブも信用できないのでは? と言われそうだが、アーカイブすべてを取り出すわけでもないので、とりあえずすぐにできることをやる。

と思ったらダメだなこれ。tarすら途中で固まる。

問題のサーバをまっさらなCentOS 8イメージから再構築したのだがダメ。具体的にはCentOS 8 Streamにしたあとdnfで死ぬようになった。カーネルが入れ替わっているはずなので、ほぼ同じ構成のこのサーバが安定しているのが謎ではあるのだけど、xfsまわりの疑いもある。

Sign in to participate in the conversation
BlessedGeeks.Org

@h12oのおひとりさまMastodon、Google Cloud Platformで運用