とか言っていたら Developer Beta 7が降ってきた。

なんだけど、 までは で見ることができていた が、 では見られない様子。

どさくさに紛れてというべきなのか。ECIDは、 を保存するために必要名情報なので、Jailbreakする人にとっては重要な情報。 としては見せたくない、という本音もあろう。

今日はひさびさに に入れている で私用をこなすことができてうれしい。

何かあったとき用に(β5のように使い物にならないOSが降ってきてもいいように) APFSの柔軟なボリューム機能を使って も入れてはいるのだけど、デュアルブートは好きじゃない。

不具合を無視した純粋な使い心地でいうと、Mojaveより の方が好き。なのでβ5にあった放置するとハングアップする不具合がβ6で修正されていて大変ありがたい。

再び
forums.developer.apple.com/thr
を見たら、 Developer Beta 6では
>>
Latest Beta seems to have solved the problem
<<
とのこと。

今夜試してみよう。

「Catalina beta 5 causing late 2015 iMac to freeze when left unattended」という記事で、
> I'm having this exact issue with my MacBook Pro Early 2015 in Catalina beta 5.
とのことだった。

Early 2015 で デベロッパβ5を使っていて、こいつのせいで使い物になっていなかったのだけど、大昔のMacBook Air Mid 2012でCatalina Public Beta 4を使っていても発生しなかったので、自分だけかと思っていた。
forums.developer.apple.com/thr

の次期ベータ早く出ないかな…いまのベータ、スリープからの復帰でフリーズするので、いまは で我慢している。

Early 2015 で がスリープ後ハングアップする問題のつづき。

1. いったんセーフモードでブートして再起動して、状況が変わるかどうか→変わらず
2. Find My機能がこなれていないせいではないかと推測、Power Napをオフにしてみる(イマココ

がスリープでハングアップする問題、いったんセーフモードでブートして再起動して、状況が変わるかどうか。

ベータ5がよくハングる件のフィードバックをキメた。

10.15 Beta(19A512f)なんだけど、サスペンドすると復帰しないし、ブートのインジケータの伸び方がいつもと違う。例のカーネルパニックが発生していたりするのかな?

の過去のアップデートって、これの対応もあるのかしら。だとしたら相当まずい ではないかと。

10.15 Beta(19A512f)で、Launchpadが元に戻っている。

前のBetaまでは、/ApplicationのうちOS付属のアプリケーション以外Launchpadには入らなかったんだよね。

いつごろからか分からないが、 initすると`git config --local core.precomposeunicode true`相当の設定がなされている様子。 でUTF-8ファイル名を扱うつもりだったので助かる。

の変換候補表示、デフォルトでは「ヒラギノ明朝 ProN W6」なのだけど、「ヒラギノ角ゴシック W6」にしてみた。

sudo権限がApple Watchのダブルクリックでできるやつって、 の新機能なんだっけ?

Show more